現在ほとんどのお風呂が

 

追い焚き風呂釜(給湯器)』です。

 

 

最近のお風呂はきれいでとても便利です。

ただ、いいことばかりではありません。

 

 

それが「追い焚き配管の汚れ」です。

 

          

お風呂を入れるときに最初におこなう「お湯はり」は、殺菌された水道水を温めたものであり、とてもきれいなものですが、その後の「追い焚き」は、お風呂のお湯を循環させて温めますので、人間の汗や皮脂、垢などが混じった状態で循環されてしまいます。

 

 

それに対して目に見える風呂釜自体は洗浄できても、配管内部まではなかなかきれいにできないものです。そしてこれは雑菌の餌そのものであるため、どうしても雑菌が増えてしまうんです。


どうやって配管内を

キレイにするの?


 2種類の洗浄剤を配管内に投入後、高性能な水中ポンプで研究を重ねた成果のマイクロバブルを出すことで、洗浄力が格段にパワーアップ!『洗浄!』根こそぎ汚れを洗います。

風呂釜洗浄大田区
追い焚き配管は一方通行

2種類の特殊洗剤とテクニック使って、レジオネラ属菌や大腸菌等の雑菌、皮脂や湯垢等の汚れを丁寧に時間をかけて除去。

 

 

『追い焚き洗浄』とは、風呂釜追い焚き配管に圧力をかけずに意図的にマイクロバブルを作り上げ、ゆっくりじっくり洗浄する『洗浄』工法です。

 

 

2種類の特殊洗浄剤と独自開発の機材を使い、風呂釜配管内のレジオネラ属菌や大腸菌等の雑菌、皮脂や湯垢等の汚れを丁寧に除去します。特殊洗浄剤は塩素系を使用しないので、配管や風呂釜を傷つけることはありません。

 

 

また、人にも無害なので赤ちゃんやお子様のご入浴にも安心・安全で、清潔な環境を保つことができます。

 

 

配管内を高圧で洗浄するタイプでは無いので、給湯器等を壊してしまう心配もありません。


風呂釜洗浄クリーンファースト大田区
肌に優しい洗浄を使用します。

 

風呂釜洗浄で使用する2種類の洗浄剤』

 

液体洗剤の主成分は第4級塩と2-フェノキシエタノールの混合物で、防藻効果やバイオフイルムの付着を防止する効果があり、人体に無害です。 第4級アンモニウム塩は、細菌類に対し、除菌力を有し、古くから除菌剤や環境洗浄剤として広く使用されています。中性になります。

 

 

粉末洗剤には、界面活性剤・重金属・ヒ素・メタノールなどを使っておらず、自然界に存在する天然ミネラルが元となる過炭酸ソーダが主原料の 酸素系洗浄剤で、基本的には重曹と似た構成です(弱アルカリ性)クリーンファーストが使用する2種類の洗浄剤は肌に優しく安全です。ご安心ください。

 

 

 

独自開発のマイクロバブル+特殊洗浄剤=『洗浄』で配管内の頑固な汚れを落とします。 

 


風呂釜洗浄 クリーンファースト
ご相談は無料・Mail24時間受付・お気軽にご相談ください♪

 

洗浄効果の見える化を実施

 

 

風呂釜配管(追いだき配管)洗浄後、実際に水質が改善されたか、汚れが落ちているかは見ただけでは分かりません。

 

 

医療機関や食品工場などで使われるATP測定器と試薬を使って洗浄前・洗浄後の循環金具を拭き取り検査「洗浄後の効果を見える化」をするための測定を行っています。

 

ATP・ADP・AMPとは、地球上の全ての生物のエネルギー源として存在する化学物質です。生物・栄養素・菌類など、生命活動が行われるところは必ず存在します。除菌されても残骸が残っていれば、検出されます。そのため、低い場合は残骸すら残っていない、つまりキレイと定義できます。

 

『ルミテスター』で汚れを測定

 

 

ルミテスターとは、キッコーマンバイオケミファ(株)が開発した雑菌や汚れを数値化することができる、食品工場などでも活用されている専門的な検査キットです。

 

 

身近なものと比べると・・・

 

 

キッチン排水溝 86230RLU

生ゴミ 92159RLU

トイレの床 11600RLU

 

 

クリーンファーストは食品加工前の『まな板』500RLU以下(※風呂釜洗浄PRO安全基準)の数値を合格ラインとして洗浄前後に測定し雑菌や汚れを数値化!しています。

 

※住環境テクノライフ過去実施した、浴室追い焚き配管の洗浄実績による洗浄前平均値